イノベーション研究家  柏野健三公式サイト

柏野健三公式サイト 最新情報

最新情報

Innovation is essential to competitiveness and higher living standards.(Vince Cable & David Willets)

大学とイノベーション英国Department for Business Innovation &Skill 2013年7月発行 Sir Andrew Witty's Independent Review of Universitites and Growth

イノベーションを追求する柏野健三( Kenzo Kashino)よりご挨拶

柏野健三

こんにちは、柏野健三です。

 国家を含む組織発展のためのイノベーション研究は、人間にとってどのような組織が望ましいかを考えさせる機会を我々に提供するものと確信しています。イノベーションは決して新しい言葉ではなく英国においては既に1548年に文献の上で登場している。
 自由競争の時代が到来した16世紀には当然のこととしてイノベーション(innovation)は国家を含めて、企業や個人が生き残るための合言葉として使われていたとも思える。まさしく、このイノベーションという言葉は、グローバル経済が急速に発展する国際社会において我々にとっても身近なものとなってきたように思われる。
 経済の発展は、政治構造をも変容させる。まさしく、Trade beyond Borderが益々身近となりつつある。まさにイノベーションなくして日本の明日はないであろう。

  英国(UK)政府発行のイノベーション戦略文書(要旨)の翻訳を掲載しました。(2014年8月24日)

[翻訳] Innovation and
Research Strategy for Growth
December 2011
Cm 8239

成長のためのイノベーションと研究戦略

女王陛下の下命によりビジネス・イノベーション
・スキルズ大臣によって議会提出

            2011年12月

                     柏野 健三 訳

目次

序文
要旨
1 成長のためのイノベーションと研究戦略
2 発見と開発
3 革新的ビジネス
4 知識とイノベーション
5 グローバルな協力
6 ニュー・イノベーション・チャレンジ
結論
実行計画

序文
連合王国は、イノベーションと研究においてグローバルな名声を得ている。有名大学と研究施設を含む我々の知識の基盤は、G8の中で最も生産的である。我々は、人命救助医学の創造からインターネットの開発まで、発明について誇り高き記録を持っている。

この戦略は、連合王国の認識された長所に基づいて建てられ、そして我々がビジネスと成長をもたらした民間部門を支える知識基盤といかに協働するかを示している。

我々は既に、高等教育イノベーション基金(Higher Education Innovation Funding)によって、交替でクラスターに利益をもたらす大学-ビジネス相互活動を毎年支援する1億5000万ポンドとともに、科学及び研究プログラムのために毎年46億ポンドの予算を維持することによって連合王国の知識基盤のために明確に関与してきた。

連合王国の大学は、知識を開発し、商業化するために益々互いに、そして外部組織と協力しつつある。昨年、外部財源から30億ポンドを超える額を確保した。更に進んで、我々は経済成長に関する研究基盤の影響を最大限図ることを意図し、2011年1月以来この目的を支援して基金プロジェクトに別に4億9500万ポンドを委託した。加えて、研究協議会は、研究情報と関連データに資金を提供した研究協議会に対して準備されたアクセスを許す「研究へのゲートウェイ(Gateway to Research)」を基盤とするウェブを開発する。

我々は、射出装置(Catapult)—世界ステージにおいて競争できるイノベーションと研究を商業化する--という名の下で一連の技術及びイノベーションのセンターを開始している。高価値製造、細胞療法及び2013年4月までに設置されるパイプラインにおいて三つ以上を有する沖合の再生可能なエネルギー(offshore renewable energy)のための三つのセンターが承認されている。分離して、4億9500万ポンドの特別資本投下の一部として、我々は、連合王国がこれらの科学技術の最前線に留まることができるようグラフェン及び高性能コンピュターのために特定目的専用基金を公表した。我々はまた、ローンチパッド計画(Launchpad initiative)によって他の地域へロンドン・テック・シティ(London Tech City)の成功を拡大し、より多くのイノベーション・クラスターの成長を促進する。

我々は、-特に、中小企業(SMEs)を変革する会社の刺激を改善する。中小企業研究開発税控除(SME R&D Tax Credit)の成功した変化を超えて、我々はスマート(Smart)のための特別資金を含む小企業ビジネス・イノベーションを支援するために7500万ポンドの特別額を投資する。中小企業の研究開発を支援する助成金がこれである。我々は、中小企業が大学及び広範囲にわたる外部知識基盤提供者と関わり合うのを可能とさせる新しいイノベーション・バウチャー・プログラムを実施し、より多くの中小企業が革新的製品とサービスのための政府の契約を獲得するのを支援する小企業ビジネス研究計画(Small Business Research Initiative)に投資する。加えて我々は、イノベーションを推進するデザインを支援するために資金を増額する。我々はまた、2013年4月から研究開発税控除を「水準を超える」ものにすることによって大会社の研究開発を奨励する。

より広範囲に、我々は海外のイノベーションとの研究協力を支援し、ホット・スポット及び高度成長経済に焦点を合わせ、中国及びインドとそれを開始する。特に、我々は連合王国ビジネスによる研究開発を支援する大欧州金融を保証することを優先する。

この戦略は、政府がイノベーションの重要な推進者であるという理解に基づいている。我々は、市場が危機の科学技術や部門においてのみイノベーションを促進することができないとき、介入するために、科学技術戦略委員会のように、独立団体を支援する。より一般的には、我々は不必要な形式主義を除くことによって市場の穀物と協働し、公的部門のデータをより利用できるようにし、イノベーションが必要とされる領域での誘引賞品を管理する基金を設置する。

連立政府は、政府の成長日程の核心にイノベーションと研究を置いている。イノベーションは、競争と高度な生活水準にとってなくてはならない。多くの投資と協力の増進によって、我々は連合王国が前途ある未来をもつことを確かなものとする。

VINCE CABLE DAVID WILLETTS

Innovation and research Strategy
for Growth: Executive summary

【要旨】

1. 連合王国は、イノベーションと研究の世界的名声を得ている。連合王国の大学の知力と広範囲な知識の基礎は国民の資産である。特有の研究知力の400領域にわたる専門的知識の深さと広がりを備え、我々の知識の基盤はG8の中で最も生産的である。連合王国は、最も好意的に引用される論文の14%を生み出し、高等教育機関は毎年対外収入において30億ポンドを生み出している。政府は、研究基盤を維持し、投資の強化と不安定な状態の均衡と応用研究プロジェクトのために資金投下に継続的に関与している。

2. しかし、イノベーションにおいて我々が直面する挑戦は、他の挑戦と同じく巨大である。一方ではより新しいとはいえ、それらのいくつかは、我々が連合王国の創意と発見を最大限に生かすのを保証するように長年続いている。諸外国は、知識の集合とイノベーションのホットスポット(innovation hotspots)を開発する研究と作業により多くの金を支出している。最先端研究の費用と最近の高度技術過程は以前よりも重要である。欧州資金にはより多くの競争がある。我々は常に技術水準レベルにおいて改善を必要とした。しかし又、最近より高いレベルの技術を求めるOECD連盟から脱落した。

3. グローバルなイノベーション経済において、連合王国は新興技術の商業化を加速し、これらに連結した価値連鎖を捕えるためにその能力を強化しなければならない。民間部門は常にイノベーションの中心に位置しようとしている。しかし、政府は次の項目によって影響を与える最も可能な環境を有する企業家、資本家、そしてイノベーターを保証するにあたり重要な役割を果たすことができる。
 新しい発見と創意に加えて不安定な研究に投資すること。
 高等教育施設(HEIs)とビジネスの境界面を改善すること。
 研究を商業化する優れた環境を提供すること。

4. 我々は、以下を含む望ましいスタートを切った。
 46億円の使途の限定された科学と研究プログラム資金を維持すること。その多くは基本的研究に向けられる;科学資本プロジェクトのための新しい資金に加えて—e-下部構造のための1億5800万ポンドを含めて、2010年12月以来資本金の全増加は4億9500万ポンドである。
 我々は、カタパルト(射出装置)・センターとして技術及びイノベーション・センターを命名する;学究的世界とビジネスの架け橋として活動し、高価値の製造業、細胞療法、及び海外の再生エネルギーのような分野における新しい技術の商業化を支援する新しいエリートの全国網がこれである。そして
 2012年4月までに中小企業の研究開発税控除(R&D Tax Credit)を175%から225%へ引き上げること。研究開発税控除は連合王国におけるビジネス・イノベーションのための最大の支援プログラムである。中小企業(SME)及び大企業計画によって2009-10年10億ポンドを超える支援を提供している。

5. しかしながら、連合王国は赤字削減と成長促進という双子の挑戦に直面している。我々は、投資に対して制限された資源を持ち、厳格な基準、そして潜在能力を開発し、グローバル市場において成功するために連合王国の潜在能力(capability)の独立評価を基に新興技術への投資を優先しなければならない。

6. 我々は又、妨害よりもむしろ政府の政策が以下の内容によって連合王国のイノベーションを刺激することを保証しようとしている:
 公的物資の調達の著しい活用、政府が顧客の役割を引き受けるのを支援すること。中小企業の研究創始における投資の増額;そして
 公的資金に基づく研究の成果として創造された公的データや知識へのアクセスの増加;そして
 イアン・ハーグリブズ(Ian Hargreaves)教授による知的財産の検討におけるすべての勧告を受け入れること。

7. しかし、合衆国、そして成長するBRIICS(ブラジル、ロシア、インド、インドネシア、中国、南アフリカ)経済は、我々がさらに進む必要があることを意味している。この論文は、個人、ビジネス及び公的部門が単独で、或いは連携して変革するのを容易にする一連の措置のあらましを述べている。

8. 我々は、小企業が新しい研究や開発プロジェクトの資金を確保するのがいかに困難であるかを認識する。政府は既に、地域開発庁(Regional Development Agencies)の下にある矛盾した支援を除いた。そして我々は今や小企業のイノベーションを支援するために3年間にわたって7500万ポンドの増額に関与している。この支援パッケージの一部として、我々は研究開発助成金(Grant for Research and Development)に代わる人気のあるスマート・ブランドを再び開始し、このプログラムを管理する技術戦略委員会(Technology Strategy Board)への資金を増額する。これは、概念の証明、市場及び試作品開発活動のための資金を提供し、多くの小企業が革新的で、技術に基づく製品とサービスを開発するのを可能とさせるであろう。

9. 我々は、競争が調査の質とビジネスのイノベーションを推進するにあたって重要であることを知っている。しかしながら、複合的な提携者の協力が彼らの部分の額よりも多くを加えることができる圧倒的証拠がある。資金の中には協力を促進し、支援する理由がある。研究者とビジネスの間で。政府は、新しいクラスター(集合)を創造できないが、我々は新しい協力を奨励することができ、クラスターが成長するのを抑止する障害を除くことができる。連合王国高等教育HE資金団体(UK HE funding bodies)と協働し、個別大学及びコンソーシアム(共同体)と意見を交換する研究協議会連合王国(Research Council UK)は、複合施設資金入札の扱いと提出のための原則に基づく枠組みを確立する。

10. 我々は、大学とビジネスの多くの関係を促進する他の方法を探し続けている。サー・ティム・ウィルソンのビジネスに関する検討(Sir Tim Wilson’s review):大学のリンクはいかにしてこれを実施するかについて勧告するであろう。我々は、以前に大学とより広範囲な知識基盤に従事しなかった中小企業(SMEs)を目的とした新しいイノベーション・バウチャーを実施する。

11. 気候変動、安全及び販売対象人口変化(demographic shift)のような領域におけるグローバルな挑戦は、かつてない規模に基づいている。それらに反応する方法は、工夫とイノベーションの高いレベルを必要とする。我々の目標は、ビジネス、学究的世界及び大衆と協力して—世界最高のイノベーターと世界最高のイノベーションを提供するために政府がその完全な役割を果たすことである。

12. イノベーションを刺激する一つの方法は、賞と競争によることである。アンサリ・エックス・プライズ(Ansari X Prize)宇宙競争のような一連のイノベーション誘発賞は、これらが特有の挑戦を解決する有用なメカニズムであることを示している。我々は、現行の活動によって十分カバーされない領域における新しい誘引賞を運営し、計画し、そして促進する賞のセンターを設立するためにネスタ(NESTA)と協働する。我々は、10万ポンドの一等賞を共同出資する。我々は同じく、年間25万ポンドを未来の賞を設置するために新しい基金へ拠出する。

13. 多量のデータセットは、最大の挑戦、例えば保険における、に関する我々の理解を深める潜在野力を持つ。我々は、既に多くの公的データを開発したが、このデータを利用できるようにするにあたり更に進む必要がある。我々は、公表された研究の利用性を検討し、これを自由に利用できるようにするアクション・プランを開発するために大学と出版社の独立集団を任命した。我々はまた、公開データー研究所を創設する。それは、データをより効率的に使用する意味に関するウェブ技術を開発し、いかにしてこれらを最善に使用し、経済的及び社会的便益のために利用できるようそれらのデータを管理するかについて公的部門に助言を与える。

14. イノベーションと研究は、今や益々国際的活動となっている。ほとんどのイノベーションは、多様な諸国から生じ、益々重要な役割を演じる高度成長経済とともに多様な地域にいて開発された構成要素や技術を引き入れている。我々は、世界のあちこちで連合王国の専門知識を促進するにあたり積極的役割を果たす政府とともに、国際連携と協力の新しい形を開発し支援する。我々は、連合王国の研究と革新的連合王国のビジネスが2020年の視野(Horizon)に完全に従事することを保証する。合衆国大統領の国家訪問の間に締結された同意に照らして、我々は2012年のオリンピックの開催時にロンドンで英国-合衆国金融イノベーション・シンポジウム(Anglo-US Financing Innovation symposium)を開催する。

15. 連合王国は、研究、技術開発及びイノベーションにおいて世界のリーダーであることを熱望しなければならない。連合王国は、学問の範囲にまたがって基本的及び応用研究を進める我々の知識の基本と能力の中に現在大きな長所を備えている。我々はまた、技術に基づく部門、デザイナーズ及び創造的産業における世界水準のビジネスを持っている。これらは、我々の未来の競争の基盤を構成する国民的資産である。しかしながら、もし我々が我々のビジョンを実現しなければならないとすれば、我々は我々の革新的能力を強化し、イノベーションにおける多額の投資を促進する必要がある。政府は、以下によってこれを実施することに関与している:ビジネスにおける研究とイノベーションを支援すること;高価値のビジネス活動に会社が投資する刺激を提供すること;より開放された統合化されたイノベーション・エコシステムを創造すること;イノベーションに対する障壁を除去すること。我々は既に、これらの目標を実現する措置を取ってきた:この戦略は、未来を確保するために我々が取るステップを開始する。

  アメリカ政府発行のイノベーション戦略文書の翻訳を掲載しました。原題は、A Strategy for american Innovation,発行元はNational Economic Council of Economic advises, and office of Science and Technology Policy         
              

         アメリカ・イノベーション戦略
           
            2011年2月

             目次
要旨
 新しい計画

序説
 イノベーションは、長期の成長と競争を通して未来の獲得には欠かせない。
 民間セクターは、アメリカン・イノベーションのエンジンである。
 イノベーションの後援者としての政府

アメリカン・イノベーションの基礎への投資
 21世紀のスキルズを備えたアメリカ人の教育と世界クラスの労働力の創造
 基礎研究におけるアメリカの指導力の強化と拡大
 主要な物理的インフラの構築

市場に基づくイノベーションの促進
 R&E税額控除によるビジネス・イノベーションの加速
 実効ある知的財産政策を通しての創意の促進
 高度成長とイノベーションに基づく企業家精神の促進
 競争的、開放的、及び競争的市場の促進

国家優先事項進展の触媒作用
 クリーンなエネルギー革命の勃発
 バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、及び先端製造の加速
 宇宙能力開発とその応用
 健康管理テクノロジーの開発推進
 教育テクノロジーにおける大飛躍の新機軸

付録A: アメリカン・イノベーションの基礎への投資
 21世紀のスキルズを備えたアメリカ人の教育と世界クラス労働力の創造
 基礎研究におけるアメリカの指導力の強化と拡大
 主要な物理的インフラの構築
 先端情報テクニロジー・エコシステムの開発

付録B: 市場に基くイノベーションの促進
 R$E税額控除によるビジネス・イノベーションの加速
 実効ある知的財産政策を通しての創意の促進
 高度成長とイノベーションに基づく企業家精神の促進
 競争的、開放的、及び競争的市場の促進

付録C: 国家優先事項進展の触媒作用
 クリーン・エネルギー革命の解放
 バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、及び先端製造の加速
 宇宙開発能力とその応用
 健康管理テクノロジーの開発推進
 教育テクノロジーにおける大飛躍の新機軸
 
 

          要旨

アメリカの未来の経済成長と国際的競争力は、イノベーション能力に左右される。我々は、アメリカがなしうる最善策を実施することによって未来の職業と産業を創造できる—アメリカ国民の創造性と想像力への投資がこれである。未来を獲得するために、我々は世界において徹底的にイノベーションを遂行し、教育し、そして構築しなければならない。我々はまた、アメリカを強化するものに投資し、強化しないものへの投資を削減し、そして我が国の政府が経済成長を促進し、新しい世紀の挑戦に備えることに焦点を合わせるよう政府の運営方法を改善することによって我が国の劣勢に責任を取らなければならない。

オバマ大統領の『アメリカ・イノベーション戦略』は、経済成長が急速で、広範囲にわたりそして維持されることを保証するためにアメリカ固有の工夫を利用しようとしている。イノベーションに基づく経済成長は著しい所得、高度な質の仕事、そして改善された健康と生活の質をすべてのUS市民にもたらすであろう。『アメリカ・イノベーション戦略』は、広範囲にわたる、共通した、そして持続的アプローチをアメリカの未来の繁栄を保証するために提供する。

この公文書は、2009年に発行された『イノベーション戦略』を改訂し、政府、アメリカ国民、及びアメリカの企業が長期にわたる経済成長を強化するためにいかにして協働するかを詳細に述べている。それは、我々の過去と未来の繁栄におけるイノベーションの本質的役割、イノベーションのエンジンとしての民間セクターの中心的重要性、そして我々のイノベーション・システムを支援する政府の役割を説明することによって開始される。最初のイノベーション戦略記録で説明されたこの枠組みと計画から構築し、それは我々の最初の努力の進歩を追跡して記録し、過去実施された特別段階を議論し、そして以下のピラミッドによってすべて表現される重要な新しい計画を導入する。

新しい構想
政府の基軸優先事項は、多くの危機的次元に関してアメリカの経済成長と競争力を改善するであろう。
● 政府の提案したワイアレス構想は、企業が5年以内に高スピードのワイアレス・アクセスによって98%のアメリカ人に到達するのを支援し、全国的に相互運用可能な公的に安全なネットワークを後援する。構想は、10年間にわたって500MHzまで使えるようにすることによってワイアレス・ブロードバンドに利用できる新しいワイアレス・スペクトルの開発を実質的に拡大するであろう。新しい商業スペクトラムを拡大することは、「スペクトル・クランチ」を避けるのに必要であり、急速に成長するワイアレス・テクノロジー革命を後援する。構想は、安全、信頼性、及び他の危機的ワイアレスの特色における前進を支援する;そしてコミュニティ参加をして次世代のワイアレス応用を起こし、そして示す。

● 特許改革の日程は、USの特許・商標局(USPTO)の特許申請の莫大な残務を減らすのに無くてはならない。市場への革新的財とサービスの配達を遅らせることによって、この残務は経済成長と高賃金の職種の創造を遅らせる。特許改革立法日程は、 USPTOをして利用者の手数料を通してその実施に適切に資金を投下することを可能とさせ、特許処理過程時間を35カ月から20カ月に平均遅延を減らしながら、機関が特許の質を改善する新しい構想を実施させる。一度実施されれば、USPTOの提案した三つの軌道モデルは、申請者をして申請事項を優先化させ、最も貴重な特許をして12カ月以内に市場へ登場させる。

● 政府は、大学と生活手段の準備である高等学校からあらゆる生徒を卒業させる強調によってK-12教育を改善する新構想を開発しつつある。政府のFY2012予算は、先端研究プロジェクト機関を開始するであろう--学習を高める大躍進テクノロジーに関する研究を支援するための教育(APRA-ED)がこれである。予算はまた、実施のために準備された学区への焦点の拡張によってトップへの歴史的競争の継続を支援し、包括的改良を支援する。「均一化の変化」と呼ばれる民間セクターのリーダーの連合と協働することによって、政府は、女子生徒と他の現在過小評価されている集団を含めて科学、テクノロジー、工学、及び数学(STEM)に優れた多くの生徒を発奮させる公―民間提携を促進しつつある。政府はまた、STEMの教師を補充し、教師の訓練を改善するためにFY2012予算の頭金によって次の10年間にわたって100,000人のSTEM教師を準備するために努力する。

● クリーン・エネルギー・テクニロジーの開発を促進するために、大統領は2035年までにクリーンな源泉から全国の電気の80%を配達するという目標に我々が到達するのを支援する「クリーン・エネルギー基準」を提案した。政府のFY2012予算は、先端研究プロジェクト庁—エネルギー(APRA-E)を開始し、重大なエリアにおける挑戦を解決する三つの新しいエネルギー・イノベーション・ハブを創設するための基金拡大を提案している。予算はまた、クリーン・エネルギー創出税額控除の再認可を提案し、そして研究、開発、そしてUSが2015年までに道路上の先端テクニロジー車両を100万台に到達するのを支援する展開に基金を提供する。

● 「スタートアップ・アメリカ」は、全国にわたって企業家的精神を後援し、広範囲な経済成長と質の高い職種を創造する高度成長のスタートアップの成功を高めるであろう。政府は、大学の実験室から研究の大躍進の転移を加速する新しい機関努力によってスタートアップ・アメリカ構想を開始した;高度成長のスタート・アップに投資する他の刺激の中で、インパクトのある投資と初期段階の元手のために二つの10億ドル構想を創造する;新ビジネスの開始と成長のための規制環境を改善する;そして企業家と高質のビジネス助言者の連結を密にする。企業家精神の全国的重要性を中心とする活動を求める大統領の呼びかけに応えて、民間セクターの指導者は全国にわたって企業家エコシステムに触媒作用を及ぼし、それを開発する重要な新資源に独立して関与している。

これらの新しい構想は、三つの重大なエリアにわたって政府の持続的努力と協働し、拡大している。これらの継続努力は以下のように要約される:
1. アメリカン・イノベーションの基礎への投資。アメリカの未来の経済成長及び競争力を推進するイノベーションの促進は、基盤における重要な投資を必要とする:労働力、科学的研究、そしてインフラ。

  • 21世紀のスキルを有する次世代の教育と世界クラスの労働力の創出。
    オバマ大統領は、大学及び大学院を通して初期の教育からの教育システムを改善し、STEM分野における生徒の学業成績と履歴を促進する継続的措置をとりつつある。児童の初期において、政府は初期学習挑戦基金を通してイノベーションを支援し、成績に基づく競争力をヘッド・スタート・プログラムへ注ぎ込みつつある。初等及び中等レベルで、キャンペーンを革新する教育は、STEM教育を高める公民提携を利用し、トップへの競争のような継続的努力を補完する。それは国家と地方の改革に影響を及ぼす競争的助成金を活用する。大学レベル及びそれを超えて、政府は大学卒業率におけるアメリカのグローバルな指導力回復に関与し(とりわけ戦略によって、学生援助及び財政責任法を通して余裕を改善する)、コミュニティ・カレッジと公的労働力システムに投資し、そしてアメリカの未来のためのスキルに関する新しい特別対策本部を支援する。それは今日と明日の職種のために全年齢のアメリカ人をより訓練する公民提携に影響を及ぼすであろう。
  • 基礎研究におけるアメリカ指導力の強化と拡大。経済進歩を推進する商業イノベーションは、基礎科学における大躍進にしばしば依存する。オバマ大統領は、歴史における連邦に根差した資金研究における最大の増加を実施し、三つの基軸となる基礎研究機関のための資金を二倍にする継続的投資をしつつある:全国科学財団、科学エネルギー省、並びに全国基準及びテクノロジー実験研究所がこれである。これらの持続的科学投資は、我々の生活を改善し、未来の職種と産業を創造する新発見と新しいテクノロジーの基盤を備えるであろう。これらの投資は、合衆国が機械的なデータ集中科学と工学のようなエリアにおける指導者の地位を確立するのに役立つ。
  • 21世紀の主要なインフラの構築。オバマ大統領は、アメリカのビジネスが能率的で革新的である必要があることから道路、鉄道及び滑走路への投資に対する関与を一新した。回復法による歴史的投資の構築によって、政府は高速鉄道、次世代航空コントロール、及び全国インフラ・バンクの新提案への投資によって輸送の挑戦に取り組み続けている。それは、我々のインフラ投資への報酬を極大化する競争及びイノベーションを促進するであろう。
  • 先端情報テクノロジー・エコシステムの開発。オバマ大統領は、21世紀のイノベーションのために必要とされるITエコシステムを創造する包括的戦略を開発してきた。この「可視的インフラ」は我が国の経済を益々支援する重要な情報、コンピュータ、及びネットワーキング・プラットフォームを包含する。絶えざる努力と警戒によって、政府は高速インターネットへのアクセス拡大、電子グリッドを近代化し、高価値利用に対するワイアレス・スペクトルの利用を高め、そしてサイバースペースを安全にするために活動している。

2. 市場に基くイノベーションの促進。アメリカ企業はイノベーションのエンジンである。それらは、市場へのアメリカの工夫をもたらす。そこでは、新しいアイデアが証明され、商業化され、広められる。USの会社が未来の経済的成長を推進し、グローバルなステージで指導し続けるのを認めるイノベーションと企業家精神のための全国的環境の成熟を促進することは、至上命令である。

  • 簡単で永続的なR&E税額控除を備えたビジネス・イノベーションの加速。オバマ大統領は、USビジネスの革新のために、研究及び実験の税額控除が簡単で永続的、予測可能で、実質的刺激を創造することを要求した。提案されたFY2011年の予算は、特別研究と開発投資に影響を与えるために10年間にわたって約1億ドルを充てる。
  • 革新的企業家の支援。オバマ大統領は、すべての規模のビジネスのための十分に機能する資本市場を支援することによって小規模ビジネスのための貸付支援と税額控除を拡大してきた。特許改革に加えて、それは特許保険を加速し、さらに新会社をして成功させる。そして「スタートアップ・アメリカ」、それは全土にわたって企業家精神を促進するであろう。入手可能ケア法は、アメリカ人が保健の補償範囲を諦めることなく新ビジネスを開始し、加入するのを容易にすることによって企業家精神に対する障害を除く。
  • イノベーション・ハブの利用と企業家的エコシステムの開発促進。オバマ大統領は、「イノベーション・ハブ」の潜在力を強調し続け、先端エリアにおけるイノベーションを支援するために才能ある科学者と企業家を寄せ集める機会を探している。この概念は、エネルギー・イノベーション・ハブ省のプログラムを強調し、また既成の企業家と新人の企業家の連結構築へのスタートアップ・アメリカ構想を推進し、実験室から産業へ跳躍する人々を含む。これらの努力を通して、オバマ政権は経済開発の新モデルの変化促進のために活動している。
  • 革新的、開放的、そして競争的市場の促進。オバマ大統領は、規制を改善し、内外の市場アクセスを高めることによってイノベーションを促進している。2010年8月に公表された改訂ホリゾンタル・マーガー・ガイドラインズは、独占禁止法の評価へ強制的にイノベーションの考察をもたらす。加えて、韓国との自由貿易協定のような努力を通して、国家輸出構想は、アメリカの生産者のための公正で開放された輸出市場を確保するために持続的、活発な関与をもたらし、我々の革新的ビジネスが2014年の末までに輸出を2倍にするという目標によって世界的に拡大させる。

3. 国家優先事項のための大躍進の促進。イノベーションは重要であるが、市場の失敗が進歩を妨げる場所での国家の優先事項として、政府はテクノロジーの進歩を刺激できる。優先事項は、代替えエネルギー源を含み、コストを削減し、保健ITを備えるケアを提供し、教育テクノロジーにおける進歩を利用し、そしてUSがバイオ-ナノテクノロジー革命の先端指導者に留まることを保証する。

  • クリーン・エネルギー革命の解放。新しい改善されたエネルギー・テクノロジーは、21世紀のグローバル経済において重要な役割を果たし、そしてオバマ政権はこのエリアにおいてアメリカの指導力を促進することに関与し、経済成長を提供し、未来の職種を創造する。一方では環境の挑戦と対決し、エネルギー保証を高める。2012年の末までに、再生エネルギーの供給を2倍にするという目標に向けて投資の成功のうえに立って、政府は野心的な新しい目標を設定し、それらに対処する道を敷いている。エネルギー科学省、ARPA-E、三つの新しいエネルギー・イノベーション・ハブ、研究、開発、そしてクリーン・エネルギー・テクノロジーの展開による研究への投資を拡大したクリーン・エネルギー基準の提案によって、政府はアメリカ経済をグローバルな指導力とクリーンで、安全で、そして独立したエネルギーの未来に方向を転換した。
  • バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、及び先端製造の加速。オバマ大統領は、アメリカにおける保健、未来の経済成長、そして高質の職種の推進を約束するイノベーションにおける投資に関与している。国家保健研究所は、全国新先端置換科学センターを提案してきた。それは、新しい診断、治療、そして実験室と臨床の間に新しい橋を架ける治癒の開発を促進するであろう。全国ナノテクノロジー構想(NNI)は、ナノエレクトロニクスのようなエリアに投資している。それは、真空チューブからトランジスターまでの推移に比較可能であるコンピュータ処理における革命を促進するであろう。そしてFY2012予算は、民間セクター投資と成長のための基盤を備えることができる先端製造テクノロジーにおける大躍進を加速するために相当な投資をしつつある。
  • 大躍進の宇宙能力と応用の開発。宇宙能力は、グローバル・コミュニケーション、ナビゲーション、そして商業において重要な役割を果たす。一方、自然災害を警告し、国民の安全を改善する。国家宇宙政策によって案内されて、NASA, 防衛省及び他の機関はUSの能力を前進させ、そして次世代の応用を開発するにあたりアメリカ産業の役割を拡大する。
  • 大躍進の保健ケア・テクノロジーの推進。保健管理の提供、データとテクノロジーの力の利用、医学エラーの防止に役立つ前途あるイノベーションは、ケアの質を改善し、コストを下げる。回復法及び入手可能ケア法からの構築によって、政府は保健ITの採用促進のプロジェクト、量の代わりに報酬価値に対する支払刺激の改革に継続的に従事し、そして先例のない保健情報量を自由にする。コンビネーションにおいて、これらの傾向は国民保健における基本的改善を後援し、そして我々の保健管理挑戦を解決するにあたりアメリカの固有性を利用する。
  • 教育テクノロジーにおける大躍進の創造。合衆国は、個人向け教師と同じく効果的であるソフトウェアのような学生学業成績を劇的に改善する潜在能力を有するテクノロジーにおけるイノベーションを促進し、アメリカの労働者にとって生涯の学習と訓練に対するアクセスを向上する。大統領の教育省のFY2012予算は、先端研究プロジェクト庁-教育、新組織を開始する提案を含む。それは、学習を高める大躍進のテクノロジーに関する調査を支援するであろう。

 英国のイノベーション

国家を含め、すべての組織は存続のためには何をしなければならないかを熟知し、実行しなければならない。21世紀の今日にあって英国政府は、2011年12月、引き続き世界にあって優位な地位を占めるため『成長のためのイノベーションと研究戦略』(Innovation and Research Strategy for Growth)を公表した。我が国の未来を考える上での資料として要旨を邦訳し、ホームページに載せることにした。

関係文献
1.'''Concept to Commercialisation A strategy for business innovation, 2011-2015'Technoligy Strategy Board(UK)

 

ウィリアム・ベヴァリッジ関係年表

年表

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional