イノベーション研究家  柏野健三公式サイト

識者の声

識者の声

Message from Professor Pinker

 In recent years, Professor Kenzo Kashino has own considerable admiration and respect among Japanese students of social welfare as a leading translator of classics texts on the history of British social policy. His translation of Professor Jose Harris’s William Beveridge: A Biography was a major contribution to the advancement of comparative welfare studies in Japan.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 As a life-long student of British social policy, Professor Kashino was eminently well qualified to undertake the challenging tasks of translations this major biographical study of the man whose proposals for reform laid the foundations of the post-war British welfare state. In the last analysis, the continuing development of comparative welfare studies is entirely dependent on the art and industry of dedicated translators like Professor Kashino. We are greatly in his debt.

Professor Pinker
Emeritus Professor of Social Administration
London School of Economis and Political Science

January 2003

ロバート・ピンカー先生からのメッセージ(日本語訳)

  • ジョゼ・ハリス著『福祉国家の父 ベヴァリッジ』出版にあたって

 ここ数年、柏野健三教授は英国社会政策史に関する古典的文献の指導的翻訳者として、日本の社会福祉研究者の間で注目に値する賞賛と尊敬を得ている。ジョゼ=ハリス教授著『福祉国家の父 ベヴァリッジ: その生涯と社会福祉政策』を彼が翻訳したことは、日本における比較福祉研究の向上に対する重要な貢献である。(中略)

 英国社会福祉政策研究をライフ・ワークとする研究者として、柏野教授は重要な伝記研究を翻訳するという挑戦的な課題を引き受けるにあたって、卓越した資格を十分に備えていた。その人物の改革提案は、戦後の英国福祉国家の基礎を築いた。結局、比較福祉研究の継続的発達は、柏野教授のように献身的な翻訳者の技術と勤勉に全面的に依存している。我々は、彼には非常に恩義がある。

ピンカー教授
ロンドン政経大学社会福祉運営論名誉教授

2003年1月

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional